東洋医学で人生100年時代を健康に生きる方法

東洋医学とはなにかを全くの知識のない方にも分かりやすく説明します。

東洋医学で小児喘息を治療

東洋医学を勉強している方の中には、西洋医学に対して否定的な考えを持っている方も多いです。

例えば鍼灸師の中でも薬などに頼らず鍼やお灸で全てが治ると言う人も多くいます。

確かに私も鍼やお灸は人間の自然治癒力を高めるには非常に効果のある方法であると考えていますが、極端な考えは危険であると考えております。

 

私の実体験をここに記したいと思います。

私が小学生の頃、小児喘息で通院しており、3度入院した経験もあります。

もちろん毎日薬は飲んでいました。

名前は覚えていませんがステロイドの入った吸入タイプの薬を毎日服用し、

その効果もあり中学に入る頃に完治し、薬も辞めることが出来ました。

薬のおかげです。

 

当時、母親は色々と治す方法を考えくれていました。

小児喘息には水泳が良いということを聞き水泳教室に通ったり、

新聞の広告で見た怪しげな治療をやっているとこに電車に乗って行ったこともありました。

色々やってきたおかげもあるとは思うのですが、

一番印象に残っているのが家の近くにある整体院で、

内容は全身のリラクぜーション的な感じでした。

とても心地が良くて施術を受けると毎回100%の確率で寝ていました。

施術を受けるとそのしばらくの間身体の調子が非常に良くなった記憶があります。

今思うと整体によって全身の血流が良くなったのだと思います。

20年ぶりくらいにその治療院の前を通ったら、まだ看板を掲げて営業していたのでやはり腕の良い施術者だったんだなと感じました。

今は同業者としてもう一度治療を受けに行くかどうか迷っている所です。笑

 

私の考えをまとめますと、

メインは通院し薬で治療していき、補助的に東洋医学的な治療を受ければ相乗効果が生まれてよいのではないかと考えております。

 

ネットで検索すると小児喘息に対して鍼灸で改善例があったり、私が通っていたように整体で改善しているという報告も見受けられます。

私ももちろん自分で勉強していきますし、実際に足を運んでどういった内容の治療をしているかを受けて分析していきたいと思います。

【重要】口内環境の大切さを知る

健康・美容ブームによって最近、腸内環境を整える「腸活」という言葉がすごく色んな所で耳にするようになりました。

確かに私もすごく大切なことだと感じていますが、もっと大切なことがあります。

それは口内環境を整えることです。健康的に生活したいと思う方は必須です。

 

 

なぜそんなに大事かというと口の中の状態は全身に影響を及ぼすからです。

口内も腸と同じく常在菌が存在し、善玉菌と悪玉菌、日和見菌(どちらの菌にもなりうる菌)に分けられます。

糖質を過剰に摂取したり、歯磨きが不十分だと歯垢プラーク)が作られ口内環境が悪くなります。それが腸内環境に影響を及ぼしますし、口内の炎症物質は毛細血管から直接体内に入り込んでしまいます。これらのことが全身に影響を及ぼすと言われる所以です。

東洋医学中医学)の考えでも「口」は狭義では「胃」、広義では「消化器」と考えられています。消化器が弱れば全身にエネルギーが作れなくなる訳ですから体は弱る、つまり免疫力が落ち不調や病気を引き起こす原因となります。

東洋医学中医学)の世界では「胃」は非常に重要視されています。

 

一言で言うと、

口内環境の悪化が腸内環境の悪化を招き、それが全身へと波及していくので、口内環境を良くすることで全身の健康につながる。ということです!

 

対策

①食事の前後に丁寧に歯を磨くこと!

②糖質を過剰に摂取しない!

③口呼吸ではなく鼻呼吸を心掛ける!

 

最後に私の体験談

私は三ヶ月に一度、歯医者に行き検診とクリーニングをしています。

私はアレルギー体質で鼻が詰まっていてどうしても口呼吸になってしまっていました。

そのせいで疲れやすく、風邪を引くことが多く、免疫力が落ちていました。

歯科医師から口呼吸は虫歯や歯周病になりやすいからまずは鼻詰まりを治したほうが良いとアドバイスをもらい実践しました。

その結果、風邪を引きにくくなりましたが、まだ全身の倦怠感や疲れやすさは残っていました。

そして口内環境のことを知り①②を実行した結果、疲れやすさや倦怠感等も大幅に改善され、検診でも歯科衛生士さんからとても良い状態をキープできている言われるようになりました。

思い当たる方もまだ症状なんてないという方も口内環境は健康的な生活の土台です。

①②③のことはそこまで難しいことではないので実践することを勧めます。

 

私が色々試してみた結果この歯ブラシがおすすめです。

柔らかいし、磨いた後のスッキリ感がとても良いです。

値段は高いのではじめは躊躇していましたが、口内の手入れが健康にとって重要だと考えた結果、やはり歯ブラシは良いものを使いたいと思い使い始めました。

長持ちし、コストパフォーマンスも高いので、最近では値段も安いと思えるようになりました。

参考までに貼っておきますね。

 

 

はり治療という選択肢

あなたは「はり治療」というもの受けたことがありますか?

ほとんどの日本人の答えは「NO」だと思います。

整体やマッサージというものは好きな人も多いかと思いますが、

はりは皆さんにはなじみがないでしょう。

 

なにか怪我や病気をした際には病院に行く、薬を飲むというのが第一選択になると思います。

しかし、慢性的な不調や不定愁訴(原因がはっきりとわからない頭痛・めまい・肩こり等の不調のこと)を訴えて病院に行くが、なかなか改善されないという方が色々と調べてたどりつくのが、整体や鍼灸の世界です。

しかし、そこで選ばれやすいのが鍼灸ではなく整体やマッサージの方です。

 

理由の一つとしてはりを体に刺すなんてこわいというイメージがあるからだと思います。その理由を払拭したいと思います。

日本で一般的に使われている鍼は髪の毛くらいの細さで、刺してもほとんどなにも感じません。刺した瞬間に少しチクッと感じることがありますが、それがイヤではり治療を辞めるという方は私が今まで診てきた中にはいらっしゃいません。

はりが筋肉の深い所を刺激したり、ツボに当たればズーンと重く響きを感じることがあります。はりの好きな方はこの感覚が気持ち良いとおっしゃられます。

私自身も初めはこの感覚があまり好きではなかったが、ほんとに凝っている場所にうまく当たると心地よい感覚が得られます。

なので採血や注射の時に使うはりとは全く違うと覚えておいてください。

 

鍼灸師として働いていて常々思うのですが、はり治療というものは本当に難しく、名人や達人と呼ばれる人はほんの一握りです。

正直に私の体験を綴りますと、私自身はり治療を受けて効果を実感したことがあるのはほんのわずかです。

ほとんどが効果を感じなかったり、逆に体がだるくなったりしたことの方が多いです。

 

はり治療に興味があるとか一度受けてみたいという方にメッセージです。

はり治療はすごく効果のあるものです。私も首のつまり感が一瞬で取れたり、すぐに疲れが取れたこと等もあるのでそれが何よりの証拠です。

まずは腕の良い鍼灸師を見つけることが最優先です。最近ではネットの口コミ等を参考にする方が多いと思いますが、個人的には口コミよりも実際に行ったことのある友人や知人の生の声が一番信用できる情報だと思っています。

またなにか質問等もございましたお気軽にコメントくださいね。

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

鍼灸治療が初めての方に

本題に入る前にまず土台的な部分を説明させてください。

 

西洋医学東洋医学という言葉がありますが、

多くの方は西洋医学→医師や病院・薬、東洋医学→なにかよく分からないうさんくさいものというイメージではないでしょうか?笑

そのうさんくささが少しでも解消できるよう解説していきますね。

 

東洋医学と呼ばれるものは、漢方や鍼灸などの中国医学、インドの伝統医学であるアーユルベーダが有名かと思います。好きな方はユナニ医学も知っているのではないしょうか。

 

そして私の職業である鍼灸師というのは中国が起源である中国医学というものに含まれます。

ただし、鍼灸治療には様々な考え方があり日本独自で発展してきた流派等もあります。

いずれにして全身のバランスを整えることで自然治癒力を引き出すということが根本にあります。

独自の方法でその人の体質を見極め治療していく流れになっています。

 

しかし、鍼灸の効果は全身の調整だけではありません。

部分的な治療といえばわかりやすいでしょうか。

筋肉に対してアプローチが得意で整形外科的な疾患に対して強みがあります。

これはWHOも認めており、アメリカやヨーロッパでもさかんに行われています。私的には日本よりもさかんに行われているイメージがあります。

 

長々と説明になってしまいましたが、読者の方にとってはここが一番のポイントです。

もしみなさんが鍼灸治療を受けてみたいと思った時、

「全身治療」か「部分的な治療」どちらをしたいかで行くところが変わってきますよね。

今は鍼灸整骨院等はどこもホームページで自分達が得意とする治療や対応疾患等が載っていると思うのでそれらを参考にしながら選ぶと良いと思います。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

腸活のためにヨーグルト食べたが失敗した。

腸活という言葉は一般的にも認知度が高くなってきているのでここでは効果や方法等の詳細は省かしていただきますので悪しからず。

もちろん私、まにも実践しましたよ。結論から言うと失敗しました。

 

 

私、まにが始めようと思ったキッカケは、免疫力高めて風邪の予防であったり、アレルギー体質の改善とかももちろんあるのですが、一番の目的はスカンクレベルに臭いおならを改善したいという願いからです。

 

色んなヨーグルト試しました。かかりつけの胃腸科の先生に相談したら、量が足りない一日200g摂りなさいとい言われたので摂取しましたが、絶不腸になってしまいました。

 

そしてあること知りました。ヨーグルトをはじめ乳製品に含まれるカゼインというたんぱく質が腸を荒れさせるということを...

なるほど、それで乳製品はお腹が痛くなって下痢になったりするのか!

もちろん体質によってはヨーグルトで腸内の環境が整う人もいるということはもちろんいらっしゃるので、これは私の体験記ということをお忘れなく。

 

ヨーグルトを諦めたまには薬局へ行き各メーカーさんが販売している調整剤を片っ端から試しました。その結果、安価なので続けやすいし、効果も高いものを発見しました!

エビオスエビオス♪オス!オス!オス!

ということでこちらご紹介致します。ヨーグルトでお腹の調子が悪くなる方で腸内環境を整えたいという方は試してみる価値ありです。

 

 

 

鍼灸師のバイブル

本日ご紹介する本はこちら!ベベンッ!

鍼灸師のバイブル的存在、鍼灸真髄です。

 

鍼灸真髄

鍼灸真髄

  • 作者:代田 文誌
  • 発売日: 1941/01/01
  • メディア: 単行本
 

 

発売日を見てください。これ80年前に書かれた本です。

なのに!未だに多くの治療家達に読まれている不朽の名作です。

 

この本の良いところは、シンプルで実践しやすいという点にあります。

特に鍼灸の大学•専門学校を卒業し、国家試験に通って、これから鍼灸の仕事をしていくぞという方におすすめです。

鍼灸には様々な流派や考え方がありますが、

この書籍は鍼灸師として生きていく上での1つの大きな道標となるでしょう。

運動していない人のプロテインはありかなしか。

タイトルの件ですが、個人的にはありと思いますね。

賛成派の意見と反対派の意見を比べて判断してください。

その後に私の意見を述べますのでご参考に。

 

賛成派の意見

 

効率的にたんぱく質を摂取できる。

 

反対派の意見

肝臓と腎臓に負担がかかりやすい。

カロリーオーバーになりやすい。

 

私、まにの意見

プロテインとはたんぱく質のことです。

筋肉だけでなく、臓器や体内の血液等もすべてたんぱく質で作られています。

なので人間にとって必要なものということ間違いありません。

一日三食栄養バランスの良い食事を摂れているのなら、わざわざプロテインを買って飲む必要はないと思いますが、多くの方はなかなか難しいのではないでしょうか。

アスリートやセレブでない限り現実的ではないかなと思います。

なので私はプロテインの摂取は体にとって良いことだと考えています。

 

ちなみに私は運動の習慣ありませんが、プロテインを飲んでいます。

まだ飲み始めて二ヶ月程ですが、まず下痢や便秘がほとんどなくなりました。

例年冬は風邪を引きやすいのですが、今年はまだ風邪を引いていません。

少しずつですが、体が丈夫になってきているなという実感があります。